×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンゴージュースを使ったパンのレシピ

マンゴージュースは、今やスーパーやコンビニでも並ぶポピュラーなジュースになりました。
そこで、マンゴージュースを使ったお気に入りレシピを紹介します。
マンゴージュース入りのホームベーカリーで作るデニッシュ風パン(1斤)のレシピです。
材料・・・強力粉230g、薄力粉50g、バター15g、砂糖大2(24g)、スキムミルク中2(6g)、塩中2/3(5g)、卵(溶き)М1/2個(25g)、冷水(5℃)80ml、マンゴージュース80ml、ドライイースト中2/3(2.7g)後入れバター110g
※バターは無塩のもの。
★後入れバター・・・・・バターを1cm角に切る。くっつかないように離しラップで包み、1晩(10時間)以上冷凍する。
後は、ホームベーカリーのコースに従ってスタートするだけです。
注意するのは後入れのバターを入れる時によくほぐして10分以内に入れることです。(それを過ぎるとデニッシュ風にはなりません)

気になるNO.1グレイスマンゴージュース

気になっているマンゴージュースがあります。
それはグレイスマンゴージュースです。
色々なマンゴージュースを飲んでいますが、まだ試していないのがグレイスマンゴージュースです。
ホームページでは、100gに含まれる栄養成分を紹介しています。
エネルギー51KCal・たんぱく質0.2g・脂 質0.2g・炭水化物12.1g
ナトリウム35mg・カルシウム6mg・ビタミンC37mg・ビタミンA41Ug
βカロチン488Ug。
グレイスマンゴージュースホームページを見ると、飲むだけで女性にはうれしいことがいっぱい。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促進するので美肌効果があります。
プラスダイエットや美容にもお勧め。
マンゴーは同時に基礎代謝を活発にして体の免疫力を高めてくれるので、風邪をひいたときなどにもとても有効。
その他に、マンゴーには動脈硬化、冷え性、肩こり、生理痛や更年期障害などの婦人病の予防効果があると言われています。

デルモンテマンゴージュース

マンゴー好きの私は夏になると沖縄にある農園に予約してアップルマンゴーを取り寄せて食べています。
しかし、このおいしいマンゴーも食べることが今の時期はできません。
そこでひたすらマンゴージュースで補っています。
なかでも好きなのが、デルモンテマンゴージュース。
フィリピン産のマンゴーと濃高な甘い香り甘さと酸味がとてもいいです。
バーやレストランで、デルモンテマンゴージュースを使用している所もあるので、口にされている方もいるかもしれません。
私は、デルモンテマンゴージュース1500mlのペットボトルを購入することが多いです。
業務用がお得な感じがするので手を出してしまいますが、マンゴージュース缶で買うと容器に入れ替えたりしなくてはいけなかったりするのでこちらがお勧めです。

Copyright © 2007 マンゴージュース人気の秘密